逆援助を続けるに当たり不倫発覚が一番面倒くさい

      逆援助を続けるに当たり不倫発覚が一番面倒くさい はコメントを受け付けていません。

逆援助を行う時に一番困ることと言えば、相手の婚姻生活が崩れることではないでしょうか。別にこちらとしては婚姻生活が崩れてまでもお金をもらいたいわけではありませんので、別に不倫関係になりたいわけでもありません。自分たちが理想的な関係にするためには不倫関係に陥らないことではないでしょうか。

ある程度の関係を保つ

お金を継続的に手に入れるためには単発ではなくある程度の継続した関係をキープする必要があります。継続した関係を保つと、一から出会い系サイトなどで相手を探す手間を省くことができますし、定期的な収入として換算することができてとても便利です。

継続した関係をキープするのはいいですが、そこで問題になるのが不倫関係になるということです。男性側としてはお金はもらいたいわけですが、変ないざこざを持ちこまれるのは困るわけです。不倫をしたいというわけではなく単にセックスをしてお金をもらうだけなので、その関係さえキープできればそれで満足できます。

関係をキープするためには不倫がばれないようにすることです。別にこちらとしては不倫だと思っていませんので、女性側の夫にばれないようにすればいいだけなのです。女性側の夫を困らせたいというわけではないです。男性としてはトラブルを持ち込んでほしくないと言えます。

それ以上関係を求めない

そこまで深い関係になって不倫にまで行くとなるとトラブルが生じる可能性が出てきますので、同じ人と半年以上関係を続けないということをルール化するのもいいでしょう。特に女性側が距離を詰め始めた時にはやばいと思ったほうがいいです。単に割り切りの関係ではなく、距離感がおかしくなってきた場合はあっさりと別れた方が男性側のためにもなります。

不倫が発覚した時には男性側にしても慰謝料を支払うということにもなりかねませんので、警戒しながらやっていくというのが何よりも欠かせません。男性にとっても女性を不幸にしたきっかけを作ったことになりますので、あまりいい気持ちはしないのではないでしょうか。割り切りの関係で居たいということであれば、やはり一歩引いた形で女性にお金をもらうというのが一番いいでしょう。